塾の基礎知識

塾の歴史
塾や家庭教師は平安時代に始まったとされ、それから16世紀ごろまでは上流階級の子のためにあったそうです。 しかし、江戸時代になってから幕府や藩が行っている学校に加え、私塾や寺小屋などが開設されるようになり、読み書きそろばんと言われるように広まったそうです。

・塾と学校の違い
義務教育の小中学校で毎日必ず生徒が来ますが、塾の場合は毎日生徒が来てくれるとは限りません。 だから塾の多くは生徒が満足して翌日も来てくれるように分かるまで指導します。
公立の小中学校では生徒が学校を選べないのですが、塾の場合だと学区など関係ないからどこの塾に行っても良いのです。
だからたいていの塾は、ライバルが多いから複数ある中から自分の塾を選んでもらえるようにサービスを充実にしたり、効果的な指導のノウハウの開発に努め、情報収集力を生かした的確な進路指導を心がけているのであります。
小中学校や高校では、生徒は先生を選べないのですが、塾の場合だと生徒が講師を選ぶことができるので、講師は自分の授業を選んでもらうために日々勉強をしているのです。

・塾と予備校の違い
塾は主に中学生や小学生を対象にした、平日の夕方から夜にかけて授業をするのですが、予備校の場合は主に浪人生や高校生であり、浪人生向けの平日の昼間だったり、高校生は平日の夜とか週末などに授業をするようにしているそうです。
最近は、高校生になっても通い慣れた塾に通い続ける生徒が増えてきたので昔のような勢いは無くなってきているそうです。

・学年別の通塾率
東京など都市圏では家庭教師や塾へ通う子どもの割合は小4で急増する傾向があるみたいです。
その理由はそのぐらいの時期から中学受験の勉強をはじまる子どもが多いためです。
小5から中3までは一定のペースで増加傾向にあり、中3になるころには大半の子どもが塾に通っているそうです。

・塾や予備校の受講率
塾や予備校の受講率は通っている学校の種類によって特徴的な動きがあるみたいです。
まず、多数派である公立小学校と公立中学校においての受講率は大きな動きはないみたいです。
私立小学校における受講率は年々低下しているみたいです。
私立はエスカレーター式なので私立の中学校に簡単に進学することができます。
それに私立の小学校は公立の小学校に比べて学費がかかるので、塾や予備校などに行かせることを控えるという動きがあるのかもしれないですね。
私立中学校は、公立中学校に比べると低い数字だが、私立小学校とは対照的に受講率が上昇しているのです。 私立中学校の場合は、エスカレーター式なので上の私立高校に内部進学することができますが、だからといって勉強をしないで遊んでばかりいると高校に進学できなかったり、また複数の高校から内部進学先として存在する場合があるので成績の良い者から希望する高校に進学することができるそうです。 最近の私立中学校は生徒がまじめに勉強するように内部で競争させるシステムを取り入れているそうです。
このようなことが私立中学生の受講率が上昇している原因だと考えられています。
高校になると、公立や私立ともに増加傾向にあり、特に私立高校の塾や予備校などの受講率が急増しているそうです。
高校までしかない私立学校の場合、大学入試は公立高校と同様の実力勝負になるので先ほどと同じく少子化時代における生徒確保のために、生徒の大学進学実績を向上させる為に受験指導に力を入れている私立高校が増えているのです。
そういったことから私立高校の受講率が上昇するのだと思われます。

・塾や予備校の費用
塾や予備校関連の費用は全体的に低迷しているみたいです。
景気が悪いので塾や予備校に通わすだけの費用がもったいないといったことが原因だと思われます。 多数ある公立小学校と公立中学校においての受講率は横ばいになっているので、塾や予備校の費用が減少しているのです。 これでは、塾や予備校がなくなってきているのがわかります。
過去の平成9年から平成11年で比べて見ると、公立中学校では−11%、公立高校では−26%となっています。 高校は公立・私立ともに塾・予備校に対する費用が大きく減少しているのがわかります。 その理由として現役合格の志望の方が多いため、浪人生の人数が減少しているのだと思われます。 唯一伸びているのが私立小学校で私立小学校に子供を通わせている家庭は、公立小学校に通わせている家庭よりも経済的な余裕があるので小さい頃から勉強をさせるといった傾向があるみたいです。

pickup

園芸用品
http://www.wakui.co.jp/
サンコー鞄の軽量スーツケース
http://www.suncoshop.com/
島原法律事務所
http://mc-law-shimabara.com/